ピアノ初心者

【ピアノ講師が答える】ピアノの練習は毎日やった方がいい?練習時間は?

ピアノ練習は毎日やった方がいい?

「ピアノの練習は毎日やった方がいいのかな」
「練習時間はどのくらい確保すればいい?」

このような疑問をお持ちではありませんか?

普段なかなかピアノを練習する時間が取れていないと、不安になってしまいますよね。

この記事では、そんなピアノの練習に関する疑問に、ピアノ講師の観点からお答えします。

具体的には、

  • ピアノは毎日練習すべき?1日の練習時間は?
  • ピアノの練習を習慣化する3つの秘訣
  • 練習の質を上げる方法

の順番にご紹介していきます。

この記事を読めば、ピアノの練習に関するお悩みが解決できます。

5分ほどで読めるので、ぜひ最後までお読みください!

ピアノは毎日練習すべき?

疑問

結論から言うと、ピアノはできるだけ毎日練習した方がいいです。

なぜかと言いますと、間に日が空いてしまうと、練習した内容を忘れてしまうなどして身につかなくなってしまうからです。

これは、皆さんも経験があると思います。

英単語や用語などを覚えようとしたときに、1回で長い時間かけて覚えても、日が経つとすぐに忘れてしまいますよね。

覚えようと思ったら、何回も反復していく方が最終的には頭に残るものです。

ピアノも例外ではなく、1日だけならまだいいかもしれませんが、2日、3日と日が経ってしまうと練習の内容は忘れてしまいます。

ですので、できる限りピアノには毎日触れることをおすすめします。

1日の練習時間は?

時計

1日の練習時間はどのくらいがいいのかというと、「正しい答えはない」と思います。

どういうことかと言うと、人それぞれ、目的によって答えが変わってくると僕は思っています。

例えば、『ドレミのうた』を弾けるようになりたい人と、モーツァルトの曲を弾けるようになりたい人ならどうでしょうか。

モーツァルトの曲を弾けるようになりたい人の方がより練習時間が必要ですよね。

このように、「自分が何をしたいのか」、「そのためにはどういう練習をしたらいいのか」によって練習時間は変わってきます。

ただ、注意することもあります。

それは、あまり練習時間を長くしすぎないことです。

精神生理学者のペレツ・ラヴィー博士が、世界でもトップレベルのヴァイオリニストを対象にした調査があります。

その調査によると、トップレベルのヴァイオリニストは、長くても4時間30分までしか練習しないそうです。

僕も経験があるのですが、長い時間練習すると集中力が切れて、かえって練習の効率が悪くなってしまいます。

「練習時間をもっと取らないと」と焦る必要はなく、時間は短くても集中して質のよい練習をすることを意識してみましょう。

ピアノの練習を習慣化する3つの秘訣

ポイント

ピアノは毎日練習した方がいいとは言え、「なかなか時間が取れない」、「続けるのが大変」ということも多いと思います。

そこで、ここではピアノの練習を習慣化するための秘訣をご紹介します。

  • とりあえずやってみる
  • 練習する時間帯を決める
  • やる気がないときの対策を考える

これらを試すことで、ピアノの練習が習慣になる可能性が高くなるので、ぜひ試してみてください。

とりあえずやってみる

やる気がでなくても、とりあえずやってみることで自然とやる気がでてきます。

なぜなら、人間はやり始めることでやる気がでる生き物だからです。

何かをやり始めると、脳の「側坐核」という部分が刺激され、やる気がでてくるそうです。

これを作業興奮と言うのですが、要は、待っていてもやる気はでてこないので、とりあえず手をつけてみることが大切なんです。

僕もブログを書くときは、やる気がでないときが度々あるのですが、一回手をつけてみると意外とすらすら書けたりするんですよね。

やる気がないときは、5秒だけでもいいので手をつけてみてください。

練習する時間帯を決める

なかなか練習時間が取れないという方は、練習する時間帯をあらかじめ決めておきましょう。

1日が始まってから練習する時間を取ろうとすると、どうしてもその機会を逃してしまうものです。

ですので、あらかじめ練習する時間を決めておくのがおすすめです。

ポイントとしては、「短い時間を複数に分ける」ということです。

例えば、家に帰ってご飯を食べてから1時間練習するとなると、かなり大変そうですよね。

1日に1時間練習するなら、20分の練習を朝、夕、寝る前などに分けてみましょう。

短い時間に分けてあげることで時間が取りやすくなりますし、集中力も続いて自然と練習の質が上がります。

ちょっとしたスキマ時間に練習する時間を取るようにしてみましょう。

やる気がないときの対策を考える

どうしてもピアノを弾く気にならないときの対策を考えておきましょう。

とりあえず手をつけてみればやる気がでてくると言いましたが、仕事で疲れているときなどは、どうしても体が動かないこともありますよね。

そんなときは、体を動かさなくてもできる練習を用意しておくのがおすすめです。

ピアノを弾くことだけがピアノの練習ではありません。

例えば、譜読みをすることだって立派な練習です。

体を動かすのも億劫なときは、ピアノを弾かないでできる練習をあらかじめ用意しましょう。

例えば、このような練習が挙げられます。

  • 譜読みをする
  • 練習している曲のお手本となる動画を見る
  • YouTubeなどで勉強する
  • 練習している曲を聴き込む
  • ピアノの教則本や音楽理論の本を読む

ピアノを弾かなくても練習はできます。

どうしてもピアノを弾く気にならないときは、こういった練習も試してみましょう。

ピアノ練習の質を上げる方法2選

ピアノ

ここでは、練習の質を上げる方法をご紹介します。

練習の質を上げることで、短い時間でもより大きな成果をだせるようになります。

「あまり時間が取れない」という方はとくに、練習の質を見直してみることがおすすめです。

  • 目標を設定する
  • こまめに休憩する

どちらも簡単に試せる方法なので、ぜひ普段の練習に取り入れてみてください。

目標を設定する

目標を設定することで、練習で何をすべきか、どういう練習をするべきかが見えてきます。

「1日の練習時間は?」の見出しでも説明しましたが、1日の練習時間は何を目標とするかで変わってきます。

まずは簡単なものでいいので、目標を設定してみましょう。

~例~

  • 〇〇の曲を通しで弾けるようにする
  • コンクールで3位以内に入る

目標を決めたら、そのために必要なことを考えていきましょう。

~例~

〇〇の曲を通しで弾けるようにする

まずは、Aメロ、Bメロ、サビをそれぞれ弾けるようにする

そうしたら、普段の練習で何をするかを決めましょう。

~例~

まずは、Aメロ、Bメロ、サビをそれぞれ弾けるようにする

1日1小節ずつ練習する

ここまで考えれば、1日の練習時間はどのくらいがいいのか、何を練習すればいいのかがわかってきます。

やることが明確になっていると、自然と練習にも集中できて質が上がってきますので、ぜひ試してみてください。

こまめに休憩する

こまめに休憩することで、集中して練習に取り組むことができます。

最近では知っている人も多いですが、休憩には、作業の生産性を上げる効果があると判明しています。

人間の集中力は長くは持ちません。僕なんて5分も持たないことが多いです(笑)

ですので、練習中もこまめに休憩をとって、集中力が維持できるようにしましょう。

ポモドーロテクニックという、効率よく作業するための時間管理法があるので、普段の練習で使ってみることをおすすめします。

【ポモドーロテクニック】

  1. タイマーを用意する
  2. タイマーをセットして、25分間作業をする
  3. 終わったら5分間の休憩を取る
  4. 2~3を繰り返し、4セットほど行ったら30分くらいの長い休憩を取る

作業する時間は、15分、20分など、自分の集中できる時間に変えてみるのもおすすめです。

ぜひ普段の練習でも休憩を挟むことを意識してみましょう。

まとめ

ピアノ 演奏

ここまで、ピアノの練習についてピアノ講師の観点から解説してきました。

まず、「ピアノの練習は毎日した方がいいのか」「練習時間はどのくらい取ったほうがいいのか」という疑問に対して僕なりの考えを回答しました。

【ピアノは毎日練習すべき?1日の練習時間は?】

  • ピアノはできるだけ毎日練習した方がいい
  • 1日の練習時間はとくに決まっていない
    その人の目標によって練習時間は変わってくるから正解はない

個人的には、あまり難しく考える必要はないかと思っています。

それぞれのペースで、楽しくピアノを弾いていくことが大切です。

続いて、ピアノの練習を習慣化する秘訣をご紹介しました。

【ピアノの練習を習慣化する3つの秘訣】

  • とりあえずやってみる
  • 練習する時間帯を決める
  • やる気がないときの対策を考える

そして最後に、ピアノ練習の質を上げる方法をご紹介しました。

【ピアノ練習の質を上げる方法2選】

  • 目標を設定する
  • こまめに休憩する

普段、忙しくてなかなか練習の時間が取れない方も多いと思います。

ですが、だからといって焦る必要はありません。

自分のペースで楽しんでピアノを弾いていくことがなにより大切です。

この記事の内容がピアノ練習のお役に立てたなら嬉しいです!

最後までお読みいただきありがとうございました!

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

はじめまして、ふくるーと申します。

「7日間ピアノレッスン講師」という、初心者の方が7日後に弾けるようになるレッスンをしています。

僕はピアノを弾く前までは、不登校・無趣味・不器用という人間でした。

ずっと家でゲーム三昧。ぼーっとして生きてました。人生の中で「生きててよかった!」と思えることなんてありません。つまらない人生でした。

しかし、とあるキッカケで独学未経験の状態から真剣にピアノに取り組むようになり、一気に人生が楽しくなりました。

自分のすきな曲を自由自在に弾き、自信が持てました。

性格も社交的になり、ブログやYouTubeをやってみるとネット上にたくさん友だちができました。

僕は独学でピアノを学んできましたが、

「独学でピアノなんて無理だろ」
「お前には才能があっただけだろ」

と言われることもあります。

ただ、僕には才能もなく、人前での演奏なんて絶対ムリ!!!!って感じでした。

そんな僕でも、毎日ピアノで好きな曲を弾いたり、演奏動画をYouTubeにアップしたり、バンドやソロライブに参加したり、生徒を持って個人レッスンなどもできるようになりました。

その経験から、ピアノは結局、慣れてしまったもの勝ちだと思います。

 

ピアノは何歳からでも、不器用でも、かならず弾けるようになる。

 

そう確信を持てたので、ピアノの情報発信をしています。

僕の発信を通じて、ピアノを始めようと思ってくれる人を増やす。そして、グングン上達して自分に自信を持ってくれる人を増やす。

それが僕の目的であり、使命です。

そんな僕の詳しいプロフィールは下記からチェックしてみてください。

0から独学でピアノを始め、ピアノ講師になったふくるーのプロフィール

 

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=