なぜふくるーのレッスンでは7日間で1曲サビまで弾けるのか?

こんにちは、ふくるーです。

僕は「7日間で1曲サビまで弾けるようにする」という非常識なレッスンをやってます。

1曲もレパートリーがない人や、
世の中のピアノの先生の常識からしたら

「そんなの絶対に無理でしょ」

と思われがちです。

今回は「なぜ7日間だけでピアノが弾けるようになってしまうのか?」を紹介します。

読み始めは「そんな馬鹿な。」と思っても、読み終わった頃には「なるほど。」となってもらえると思います。

目次

なぜ7日間レッスンをしているか?

そもそも7日間レッスンの目的は、ピアノ初心者が成功体験を得るためです。

なぜなら、成功体験を得た初心者は挫折しなくなるからです。

「1曲弾ける」というのは、初心者にとっては大きな成功体験であり、大きな自信になるんですよ。

少なくとも「弾けないからピアノをやめる」という選択肢はなくなります。

初心者の頃の僕がまさにそうでした。

初めて1曲が完成した。とても嬉しかった。完成した曲を何回も弾くのが楽しい。だからこそピアノが好きになった。

しばらく続けてると他の曲にも挑戦しようと思った。そして次の曲も弾けた。さらに楽しくなった。

このように、成長ループに入ることができるんですね。その入口が「1曲弾けること」だと僕は考えています。

もし1ヶ月とか2ヶ月でようやく1曲が完成する、とかだと、そこまでモチベーションは持たないと思います。だから7日間という「最短で達成」にこだわりました。

7日間のレッスンで弾けるようになる理由

7日間で弾ける理由は、1曲弾くというゴールに対して、無駄なことをしないからです。

一部だけ紹介すると、下記のようなレッスンを行っています。

  • 生徒のレベルに合わせて、手の動きが簡単なオリジナル楽譜を作成する
  • 楽譜に指番号を振る
  • 練習中に意識すべきことを余すことなく伝える
  • 感覚ではなく、論理でわかってもらう
  • 理論だけではなく、熱量を伝える
  • レッスンの動画を配布して復習してもらう
  • 休憩を活用して定着率を上げてもらう
  • 同じことを繰り返し何度も伝える
  • なんとしても7日間で形にしてもらう

などですね。

イメージとしては「ドラゴン桜のピアノ版」だとお考えください。

ピアノの基礎も大事なんですけど、最初は「楽しいと思えるまでの距離」をできるだけ短くすることを意識しています。

だから無駄なことはせず、必要なことに淡々と打ち込む。そういう状況でやっていただいてます。

あと、「なんとしても7日間で形にしてもらう」というのも大事です。

なぜなら、人は短い締め切りがないと無駄な練習をするからですね。

「1年で1曲弾ければいいよ」というのと、「7日間で1曲弾け」というのでは、思考が違います。

めちゃくちゃ頭を使います。どうやったら目標達成できるのか?と。

それが練習に絶大な影響を与えます。

ペンシルバニア大学の研究ですが、人は記憶しようと思わないと、単純な情報ですら記憶できません(R)。

逆に「記憶しよう」と思って取り組めば、意図して覚える努力をしなくても想像以上に記憶することができます(ま、ある意味これだけで記憶力が高まるのはお得ですが)。

短い締切があると、嫌でも「記憶しよう」となり、記憶力が上がります。結果、無駄な練習がなくなるんですね。

こんな風に、「生徒の環境から変える」というのが僕がやってることです。

音楽理論やら楽典やら奏法だけ教えるみたいなことはしません。むしろ初心者にとってそれらは優先度は高くない場合が多いです。

それは、テニスをやるのに座学から入るようなものですからね。

まとめ

僕のレッスンに来る人は、ピアノに対する熱量が高い人が多いです。

もしやる気に自信がなければ、僕のブログやYouTube、Twitterなんかも見て頂けると参考になると思います。

そこからレッスンに申し込むと、基準値が上がって良いと思いますね。

それでは今回は以上です。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次