ピアノオンラインレッスン

【夜に駆ける】ピアノ初心者オンラインレッスン1日目【1週間でマスター】

7日間ピアノレッスン_夜に駆ける①

こんにちは、ふくるーです。

「7日間レッスン」の1日目の開催しました。

今回は「夜に駆ける」(YOASOBI)に挑戦しています。

「7日間レッスン」とは

受講者の方が「7日間でサビまでマスター」を目指す企画。

現在、30分の無料体験レッスンをやっているので、受けてみたい方はぜひご検討ください。

【①動画内でお伝えしていること】

動画については、

  1. 7日間で上達するピアノ練習のコツ
  2. オンラインレッスンの雰囲気(ZOOM)
  3. レッスン生の受け方(わりとラフに楽しくやってます笑)

などが分かるように、
レッスン中の風景を7日分収録しました。

【②当記事内でお伝えしていること】

  1. 僕が何に気をつけてレッスンしたか
  2. 動画で解説した「練習のコツ」の深堀り

などを下記にまとめました。

レッスンの中身を公開している動画はないので
レアっちゃレアかもしれません。笑

ご興味ある方は読んでみてください!

※動画をご覧頂いてから記事を読むとスムーズです。

レッスンのざっくりした流れ説明

「夜に駆ける」という曲を攻略をするにあたり、
練習の全体像のお伝えしてからレッスンに入りました。

今回であれば、

  1. 片手ずつ弾けるようにする
  2. 両手で合わせていく

といった流れです。

この戦略がとても重要

例えば、
初心者の方でありがちなのが、
いきなり両手で練習するということ。

ある程度の熟練者ならアリですが、
初心者の方にとっては
挫折しやすい練習方法です。

今回の受講者の方も、
「いつもいきなり両手でやっていた」
と話していました。

いざ片手ずつ練習して頂くと、
理解が早くてスムーズだった
なかなか好評でした◎。

中級者以上の方にもおすすめな練習方法なので
ぜひ試してみてください。

①最初に、曲が難しくないかを確認

基本的に、
今回の企画は僕の方で
受講生の方のレベルに合った楽譜を用意します。

そして、
用意した楽譜でかるく弾いて頂きながら、
楽譜の難易度があっているかを確認していきます。

ただ今回の受講者の方は、
「なるべく難しい楽譜で弾きたい」
との希望が強かったので、
まずは難易度を変えずに挑戦することになりました。

僕としては難しい曲にチャレンジするのは
良いことだと思うんでアリですね。

自分で
「この程度しかできない」
と天井を決めてしまうと、
上達しにくいこともあるからです。

ですので今回はとりあえず、
「やれるところはまで頑張る!」
という感じで進めていきます。

②オクターブが届くか確認

今回は、
YOASOBI – 「夜に駆ける」
という曲に挑戦しました。

オクターブが多いアレンジなので、
まずはオクターブができそうか確認。

やってみたら、
わりとスムーズに指を運べていたので
とりあえず一安心です。

あとは、
オクターブは特に手の力が入りがちなんで、
リラックスして弾く方法をお伝えしました。

③ついでに、速い部分は指番号も確認

指番号というのは、
指に割り当てられている番号のこと

親指は1番、人差し指は2番、中指は3番、薬指は4番、小指は5番

と決まっています。

その番号を音符上で記すことで、
「この音符はこの指で弾きましょう」
という指示になるわけです。

それで、
この指番号はめちゃくちゃ大事です。

これを適切に設定できないと、
曲が数倍は難しくなるからです。

なんで、難しいところは予め
番号をお伝えしました。

④まずは、右手から練習していきます

先述したとおり、
右手から練習開始しました。

そもそも人の脳は、
いっぺんにいろいろなことはできません。

なので、
基本的には片手ずつ精度を高めていきます。

今回は練習初日だったので、
僕の音や手元をを確認してもらいながら
譜読みを進めました。

楽譜を読むのが苦手な場合は、
読める方に手伝ってもらうと
曲の仕上がりは早いですね。

⑤難しい跳躍のコツ

曲中に、オクターブでの跳躍が出てきました。

動画で解説しているのは、

「小指の感覚を残したまま、親指を運ぼう」

ということでした。

これをやることで、
「目で手の動きを確認する」
という必要性が薄れます。

そうすると、
運指のたびに目を忙しく動かす必要が
だんだんとなくなってくる。

そもそもピアノは、
「手元を確認しなくても弾ける楽器」
とも言われたりしますからね。

目隠しでやってるプレイヤーもたくさんいます。

あまり視覚に頼りすぎず、
自分の手元の意識が頭の中でイメージできると
上達しますよ。

⑥何回もやってみましょう〜

やっぱり、
ピアノは反復練習が基本。

どう考えても、
数回弾いただけで弾けるようにはなりません。

たまに、
「なんて自分は覚えが悪いんだ…」
「才能がないのか…」

と自己嫌悪に陥る人もいますが、
それが正常だと思うので
あまり気にしないようにしましょう。

僕も手先が不器用なので、
何回も練習してます。

⑦左手でリズムを刻みながらやると・・・

「この小節の音符の長さがよくわからない・・・」

ってときありますよね。

もしリズムがわからなくなったら、

左手で4分音符を刻みつつ弾く

と理解しやすいです。

イメージとしては、
自分の左手にメトロノームになってもらう感じ。

自分でリズム刻みながら弾けると
リズム感が抜群にあがるので、一石二鳥です。

足踏みとかでもいいんで、
身体でリズム刻めるようにしたいところ

ここの詳しい解説は、
記事か動画でしたいなーと思います。

⑧内旋・外旋の動きと使い方

簡単にいうと、
腕を内側に回す力・外側に回す力。

動画に出てきた部分は

「外側に回す力」=「外旋」

を使うと演奏が楽になると思ったので、
アドバイスさせていただきました。

ピアノは、楽してなんぼです。

指の力だけじゃなく、
あらゆる力を知っておくと
演奏が疲れにくくなります。

結果、
集中力も保てるのでうまくなります。

どんどん楽しましょう。

⑨最初の難所

どんな曲でも難しい部分はありますよね。

今回は歌に入る手前が、

「タララララララララララ〜」

と16分音符の連続(伝わりにくいので動画で確認を笑)。

おまけに速いので、
しっかり指番号を守るように
お伝えさせていただきました。

さっきも伝えましたが、
この指番号は
弾きやすさ・弾きにくさに直結します。

おすすめは、
YouTubeとかで
お手本の指番号をそのままコピーすること。

上手に弾けるようになりたい曲であれば、
必ずそうしてみてください。

指番号に関しては、特に自己流は厳禁ですー。

⑩早くもサビ手前に到達!

1人で練習していると、
最初から1小節1小節にこだわってしまいがちですよね。

今回は
「40点の出来でいいから、まず全体像を把握する」
というのを重視しました。

まず曲の流れを潜在意識レベルで
たたきこんでしまう。

自分の意識的には
「一気にやっても覚えきれてないだろー」
って感じなんですが、

じつはちゃんと脳に負荷がかかっていて
ざっくりした全体像は形成されてくれます。

その上で、
後から細かい修正をいれてアップデートしていく。

経験上、そのほうが曲の仕上がりは早いです(しかも楽)。

⑪サビもちょこっとやりました

「夜に駆ける」って、
サビを弾くのがめちゃくちゃ楽しい曲です。

テンポがとてもよくてノリノリで、
つい時間を忘れて弾き込んでしまう…

…これも余談なんですけど、

「男なのに女性の曲をピアノで表現できる」

ってのはなかなか楽しい体験です。

カラオケに行った時に、
「女性の曲を歌いたい!」
って思うこと、ありませんか?

でも、
原曲の女性キーで歌うのはかなり難しい。

ましてや、
「女声(≒女声の声真似)」を出すとなると、
さらに難易度はあがります。

それがピアノだと、
声ではないんですけど、

「ピアノのメロディで女性の曲を歌える」

感じがして、とても楽しいんです。

自分な好きな曲を
自分の意図する音の高さで表現できると
本当に痛快です。

ピアノをやってて心からよかったと
思える瞬間ですね。

⑫明日からの練習について

今日はZOOMのセッティングもあったんで、
少しだけ予定時間をオーバーしてしまいましたが、

無事に1日目終了です。

次回までの課題は、
「音源を聴いたあとに、今日やったところまで通し練習」
ということをお伝えしました。

楽譜から情報を読み取る能力も大事ですが、
今の時代は楽譜だけに頼る必要はありません。

YouTube動画やら音源を確認しながら
メロディ・リズムも学んでいけます。

そういった技術をフル活用して、
最短距離でマスターしていきましょう。

まとめ(僕の感想)

いやはや、
1時間のレッスンもあっという間でした。

僕としての感想は、
「受講者の方が自分より飲み込みが早い」
ということ笑。

オクターブに苦戦するか…?
と思ったのですが、

普通にできていて笑。

僕が最初の頃は
持ち前のぶきっちょを発揮しまくってたので
1日に2小節すすめるかすすめないかでしたからね。

1時間、
刺激もらいっぱなしで僕も
かなり勉強になりました。
ありがとうございました!

それでは次回も張り切っていきましょう!

>> 次の記事 【7日間ピアノレッスン】2日目のレッスン風景【夜に駆ける】