ピアノ初心者

ピアノの指番号の決め方!指番号を決める方法を分かりやすく解説!

ピアノの指番号がついてない楽譜があると、どう弾けばいいのか分かりにくいですよね。

ピアノの指番号の決め方が分からないと、自分で指番号を決めたときに弾きにくくしてしまいます。

しかし、楽譜に元々書いてあったかのようにピアノの指番号を決める方法があるんです!

ピアノの指番号を決めるときのルールやポイント、練習方法等をご紹介します。

どうすれば弾きやすい指番号を決められるか、何に注意して指番号を決めたらいいのか分かるようになりますよ!

ピアノの指番号を決めるときのルール

指番号を決めるときは下記の表のように決めるのが基本です。

まずこのやり方で指番号を決めてみましょう。

慣れてくると複雑なパターンでも指番号を決められるようになりますよ!

右手の指番号を決めるときのルール

ファ
1 2 3 1 2 3 4 5
親指 人差し指 中指 親指 人差し指 中指 薬指 小指

右手の音符に対応する指番号の決め方です。

「ミ」のときに親指をくぐらせて親指を「ファ」にもってきましょう。

そうすることで「ラ」「シ」「ド」まで指がとどくようになります。

左手の指番号を決めるときのルール

ファ
5 4 3 2 1 3 2 1
小指 薬指 中指 人差し指 親指 中指 人差し指 親指

左手の音符に対応する指番号の決め方です。

「ソ」のときに中指は親指の上を越えて「ラ」にもってきましょう。

そうすることで「ラ」「シ」「ド」まで指がとどくようになります。

ピアノの運指の決まり。原則は指番号に従って弾くこと

ピアノの運指とはピアノを演奏するときの指の運びのことです。

指づかいともいいます。

指番号に従って弾くのが原則ですが、必ず従わなくてはいけないということではありません。

ですが、初心者は指番号を守って弾くことをおすすめします。

初心者が運指を変えてしまうと、それが効率の悪い運指の可能性があるからです。

なので、運指を変えるのは、運指を身につけてピアノを弾くことに慣れてからにしましょう。

指番号を決めるときの5つのポイント

指番号を決めるときに使う大事なポイントです。

このポイントを意識して指番号を決めましょう!

1.運指に無理がない指番号にする

指番号を決めるときは前後の指番号に注意しましょう。

これを意識しないと指が届かなかったり、スムーズに弾きにくくなってしまいます。

なので、前後の指番号を見落とさないように確認することが大切です。

2.できるだけ手の移動は少なくする

手の移動を少なくすることで弾きやすくなります。

手の移動が少なくなるように意識して指番号を決めましょう。

3.音が切れないように意識する

運指を意識して指番号を決めることで音をつなぎやすくなります。

運指には基本的なパターンがいくつかあるので、慣れれば自然とできるようになりますよ!

1番と2番のポイントも意識して指番号を決めましょう。

4.同じ音が連続するときは同じ指番号を使わないようにする

指を変えて弾くことで力を入れずに弾くことができます。

同じ指の連打だと指だけでなく、腕や肩にも力が入ってしまいます。

指を変えて弾くことで力を分散させましょう!

5.親指と小指は黒鍵に使わないようにする

黒鍵は白鍵の奥にあるため、短い親指と小指を使ってしまうと手全体を大きく動かさないといけません。

これが癖になってしまうと、ピアノをスムーズに弾けなくなってしまいます。

黒鍵には人差し指、中指、薬指をつかいましょう!

ピアノの指番号を決める練習方法4ステップ

5つのポイントを意識しながら練習しましょう。

この練習をすれば自分で指番号を決めれるようになりますよ!

【STEP:1】基本的な運指を覚える

基本的な運指はスムーズに弾きやすく負担がかかりにくい弾き方なので、まずは運指を覚えましょう。

基本的な運指を意識することで、弾きやすい指番号を決められるようになります。

基本的な運指は「ハノン」で練習するのがおすすめですよ!

【STEP:2】簡単な曲の指番号を決めてみる

簡単な曲は指番号が決めやすいのでおすすめです。

また、運指を意識して指番号を決める練習にもなりますよ!

簡単な曲で指番号を決める練習をしましょう。

【STEP:3】指番号が分からない楽譜の指番号を決めてみる

簡単な曲で指番号を決めるのに慣れてきたら、指番号が分からない楽譜に挑戦してみましょう。

運指のパターンが身についていれば、弾きやすい指番号を自然と決めることができます。

どうしても運指が難しくなってしまう箇所もあると思いますが、工夫して自分に合った運指で弾きやすくしましょう。

【STEP:4】弾きにくい箇所だけ指番号を無視してみる

「楽譜に書いてある指番号が弾きにくい」と思うときがあると思います。

その時は、自分で指番号を決めて弾いてみましょう。

手の大きさや形は人によって違うので、自分で指番号を考えた方が弾きやすい場合もあります。

ですが、後で運指を変えるのは大変なので、譜読みの段階で運指を確認しながら弾きましょう。

運指を覚えていない段階で変えてしまうと、それが効率の悪い運指になってしまう可能性があります。

なので、初心者は運指を身につけるまでは、楽譜に書いてある指番号を守って弾きましょう。

ピアノの指番号を決めれない原因は運指ができていないから

運指ができていないと、スムーズに弾きやすい方法が分からない状態です。

運指にはいくつかのパターンがあります。

このパターンを身につけることで、弾きやすく綺麗な音が出せるようになります。

慣れてくれば自然と指番号が決められるようになりますよ!

運指の練習には「ハノン」がおすすめです!

ピアノの運指を練習するアプリなら「運指レッスン フィンガリン」

「運指レッスン フィンガリン」は楽譜が読めない人やピアノ初心者におすすめの運指を練習するアプリです。

曲を選んだら画面に鍵盤と手が出てきて、自動で曲を弾いてくれます。

なので、タブレットや携帯を譜面台において、指の動きを真似して運指の練習ができます。

そのときに、曲の速度を変えて運指をゆっくり確認することができます。

各運指が色分けされているので、指の運びと音の流れを確認できます。

収録曲は誰もが聞いた事のある名曲を難易度別に22曲収録してあります。

なので、名曲がどんな運指なのか確認することができます。

メリット

  • 画面の指の動きを真似して運指の練習ができる
  • 画面の指の動きを観察することで運指の勉強になる
  • 速度を調整できるから運指の練習がしやすい
  • 各運指が色分けされているから指の運びと音の流れを確認できる
  • リピートボタンを使うことで特定の範囲を繰り返し練習できる

デメリット

  • iPhone,iPadはダウンロードできるがandroidはダウンロードできない
  • 曲の一部がカットされている曲もある

まとめ

運指を覚えて弾きやすく負担のかかりにくい弾き方を身につけましょう。

運指の練習には「ハノン」がおすすめです。

運指を覚えたら、指番号を決めるときのルールを参考に指番号を決めましょう。

指番号に従って弾くのが原則ですが、指番号を変えた方が弾きやすくなる場合もあります。

ですが、運指を覚えていないと、それが効率の悪い弾き方の可能性があるので注意しましょう。

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

はじめまして、ふくるーと申します。

「7日間ピアノレッスン講師」という、初心者の方が7日後に弾けるようになるレッスンをしています。

僕はピアノを弾く前までは、不登校・無趣味・不器用という人間でした。

ずっと家でゲーム三昧。ぼーっとして生きてました。人生の中で「生きててよかった!」と思えることなんてありません。つまらない人生でした。

しかし、とあるキッカケで独学未経験の状態から真剣にピアノに取り組むようになり、一気に人生が楽しくなりました。

自分のすきな曲を自由自在に弾き、自信が持てました。

性格も社交的になり、ブログやYouTubeをやってみるとネット上にたくさん友だちができました。

僕は独学でピアノを学んできましたが、

「独学でピアノなんて無理だろ」
「お前には才能があっただけだろ」

と言われることもあります。

ただ、僕には才能もなく、人前での演奏なんて絶対ムリ!!!!って感じでした。

そんな僕でも、毎日ピアノで好きな曲を弾いたり、演奏動画をYouTubeにアップしたり、バンドやソロライブに参加したり、生徒を持って個人レッスンなどもできるようになりました。

その経験から、ピアノは結局、慣れてしまったもの勝ちだと思います。

 

ピアノは何歳からでも、不器用でも、かならず弾けるようになる。

 

そう確信を持てたので、ピアノの情報発信をしています。

僕の発信を通じて、ピアノを始めようと思ってくれる人を増やす。そして、グングン上達して自分に自信を持ってくれる人を増やす。

それが僕の目的であり、使命です。

そんな僕の詳しいプロフィールは下記からチェックしてみてください。

0から独学でピアノを始め、ピアノ講師になったふくるーのプロフィール

 

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=