ピアノレッスン

【ムーンライト伝説】ピアノ初心者オンラインレッスン5日目【1週間でマスター】

「ムーンライト伝説」ピアノレッスンサムネ

こんにちは、ふくるーです。

7日間の無料ピアノレッスン5日目です。

ピアノレッスンの1日目はこちらから。

正しい練習を生み出す思考。そもそも思考って??

 

話は前回の続きです。

 

今日は、正しい練習をするためのお話。

 

それには、

自分の頭を、正しく思考できる状態にしなきゃだめです。

その話をしていきます。

 

まず最初に、

思考ってなに?といわれたときに、何と答えますか?

「考えることだよ」でしょうか。

それでもあってますが、もう少し具体的にみていきます。

 

まず超絶ざっくりいうと、

思考というのは、

「情報」と「知識」をガッチャンコして、

なにかしら答えを導き出すこと。です。

 

「情報」は、そのものの様子を観察して得られる外部情報のこと。

ピアノで例えると、たとえば、自分の手の角度が悪いとか。

 

「知識」は、手の角度が悪いと、どうなるかっていう頭の中に保持している内部情報のこと。

たとえば、手の角度が悪いと、力がうまく鍵盤に伝わらないとか。

 

思考というのは、

それらをガッチャンコして、何かしらのメッセージを得ることです。

 

すなわち。

 

情報:自分は手の角度が悪い

知識:手の角度が悪いと、力を鍵盤に伝えづらい、弾きにくい

↓↓

だから、うまく弾けないのか。

じゃあ、手の角度を適切に変えなきゃな。適切な角度を調べよう。

 

みたいな感じで、

結果、「うまく弾けない」に対するメッセージ(=答え)を得るわけですね。

これが、僕らの脳で行われている「思考」というもの。

 

だから思考するには、

情報収集(観察)が大事だし、

頭の中にどれだけ有益な知識があるかが大事。

 

情報収集する力や、知識がないと、思考すらできないんですね。恐ろしい!

 

だから、知識や思考法にはどんどん投資したほうがいいですよ。

僕のブログも見てくださると何かしらヒントは転がってるかも。

 

めちゃ話が脱線しましたけど、

そういう風に頭の中はなってます。

 

なんで、順番としては

基礎となる「情報」と「知識」を得たあとに、

思考して答えを得ましょう。

 

そして、

なぜうまく弾けないのか?

 

ということを思考した上で練習するのが何より大事。

無鉄砲にやっても、過去の僕みたいに時間を無駄にするだけです。

 

こういう濃い話はLINEとかメルマガでしたほうがいいと思ったので、

この辺にしておきます。

 

とりあえず大事なことを端的にまとめると

 

・ちゃんと立ち止まって自分の問題点を観察すること

・適切な知識をもとに思考すること

 

ですね。

ざっくりしていますが、おわりです。

 

→ 【ムーンライト伝説】ピアノ初心者オンラインレッスン6日目【1週間でマスター】