ピアノオンラインレッスン

【ムーンライト伝説】ピアノ初心者オンラインレッスン2日目【1週間でマスター】

「ムーンライト伝説」ピアノレッスンサムネ

 

 

 

こんにちは、ふくるーです。

7日間の無料ピアノレッスン2日目です。

ピアノレッスンの1日目はこちらから。

 

全体→部分 という練習方法

 

全体をざっくり練習してから部分練習しようー、という話。

 

物事を学ぶときって、最初に頭の中にマクロを形成したほうがいいんですよ。

つまり全体の概観を捉えるということ。

 

例えば、算数の九九も、1の段から9の段まで一気に覚えたと思います。

1の段だけで3日,4日かけて、ようやく次の段にいくって覚え方はしないですね。

大抵は1〜9の段をまんべんなくざっくり覚えます。

 

その後に、8とか9とか、苦手な段をやります。ちなみに僕は8が苦手でした。

 

ピアノも同じ。

まずショボショボでもいいんで、最後まで弾ききる。

すると苦手な小節が出てくるので、あとで丁寧に拾っていく。

これでOK。

 

たまに、というか結構いらっしゃるんですけど、

1小節ずつ丁寧にやるがために、曲の最後まで辿り着けない人が多いです。

 

これは、1小節目から完璧を目指しすぎです。

 

なんていうか、曲の完成度は相対的に高めていってほしいですね。

例えば、1部分だけすごいうまくて、ほかは全く弾けてない。

こういう状態はよくないわけです。

 

じゃなくて、

曲の完成度を全体的にみたときに、

とくにこの小節の出来が悪いなー、みたいな。

 

そういう風に捉えて、

じゃあここは目立つからしっかりやろうみたいな。

 

全体を知らないと、弾けてるか弾けてないか、

評価しにくいと思うんですよね。

 

最初に全体像を把握するメリットは他にもあります。

 

なんとなく全体をさらっても、脳はそこそこ覚えてくれるよ、ってことです。

 

全体を通しでやらない理由として、

  • 部分ができないのに全体ができるわけない!
  • 覚えられるわけないから意味ない!

て考え方があるんじゃないですかね。

 

でも、そんなことないです。

 

そうですね、テニスで例えましょうか。

 

全くテニスの経験がない、ラケットすら握ったことない人が2人います。

 

片方のAさんには、サーブだけ練習させました。ほかはやらせません。

片方のBさんには、フォームも、サーブも、ラリーも、一通り練習させました。

 

どちらがテニスの実力が伸びるの早いと思いますか?

 

たぶん、全体的にやっていたBさんの方がテニスの感覚を掴むのは早いです。

なんとなくでも、一度でも経験したら身体って覚えてますよね?

これが、経験0だと、いつまで経っても0なわけです。

 

だったら広い範囲をカバーしたほうがお得じゃんって発想です。

 

なんで、広い範囲をやって、曲を覚える。

もちろん、いきなり完璧に覚えるのはもちろん無理。

 

だから、「慣れさせる」って感じですかね。

それが反復されることによって、徐々に慣れて、無事に定着する。

 

全体→部分。

算数にしても英語にしても、物事を習得するときはこれ以外やっちゃダメ。

これをまずは理解しておきましょう。

 

今日はこのあたりで!

 

→ 【ムーンライト伝説】ピアノ初心者オンラインレッスン3日目【1週間でマスター】