ふくるーレッスン内容

【ムーンライト伝説】ピアノ初心者オンラインレッスン2日目【1週間でマスター】

「ムーンライト伝説」ピアノレッスンサムネ

 

 

 

こんにちは、ふくるーです。

7日間の無料ピアノレッスン2日目です。

ピアノレッスンの1日目はこちらから。

 

全体→部分 という練習方法

 

全体をざっくり練習してから部分練習しようー、という話。

 

物事を学ぶときって、最初に頭の中にマクロを形成したほうがいいんですよ。

つまり全体の概観を捉えるということ。

 

例えば、算数の九九も、1の段から9の段まで一気に覚えたと思います。

1の段だけで3日,4日かけて、ようやく次の段にいくって覚え方はしないですね。

大抵は1〜9の段をまんべんなくざっくり覚えます。

 

その後に、8とか9とか、苦手な段をやります。ちなみに僕は8が苦手でした。

 

ピアノも同じ。

まずショボショボでもいいんで、最後まで弾ききる。

すると苦手な小節が出てくるので、あとで丁寧に拾っていく。

これでOK。

 

たまに、というか結構いらっしゃるんですけど、

1小節ずつ丁寧にやるがために、曲の最後まで辿り着けない人が多いです。

 

これは、1小節目から完璧を目指しすぎです。

 

なんていうか、曲の完成度は相対的に高めていってほしいですね。

例えば、1部分だけすごいうまくて、ほかは全く弾けてない。

こういう状態はよくないわけです。

 

じゃなくて、

曲の完成度を全体的にみたときに、

とくにこの小節の出来が悪いなー、みたいな。

 

そういう風に捉えて、

じゃあここは目立つからしっかりやろうみたいな。

 

全体を知らないと、弾けてるか弾けてないか、

評価しにくいと思うんですよね。

 

最初に全体像を把握するメリットは他にもあります。

 

なんとなく全体をさらっても、脳はそこそこ覚えてくれるよ、ってことです。

 

全体を通しでやらない理由として、

  • 部分ができないのに全体ができるわけない!
  • 覚えられるわけないから意味ない!

て考え方があるんじゃないですかね。

 

でも、そんなことないです。

 

そうですね、テニスで例えましょうか。

 

全くテニスの経験がない、ラケットすら握ったことない人が2人います。

 

片方のAさんには、サーブだけ練習させました。ほかはやらせません。

片方のBさんには、フォームも、サーブも、ラリーも、一通り練習させました。

 

どちらがテニスの実力が伸びるの早いと思いますか?

 

たぶん、全体的にやっていたBさんの方がテニスの感覚を掴むのは早いです。

なんとなくでも、一度でも経験したら身体って覚えてますよね?

これが、経験0だと、いつまで経っても0なわけです。

 

だったら広い範囲をカバーしたほうがお得じゃんって発想です。

 

なんで、広い範囲をやって、曲を覚える。

もちろん、いきなり完璧に覚えるのはもちろん無理。

 

だから、「慣れさせる」って感じですかね。

それが反復されることによって、徐々に慣れて、無事に定着する。

 

全体→部分。

算数にしても英語にしても、物事を習得するときはこれ以外やっちゃダメ。

これをまずは理解しておきましょう。

 

今日はこのあたりで!

 

→ 【ムーンライト伝説】ピアノ初心者オンラインレッスン3日目【1週間でマスター】

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

はじめまして、ふくるーと申します。

「7日間ピアノレッスン講師」という、初心者の方が7日後に弾けるようになるレッスンをしています。

僕はピアノを弾く前までは、不登校・無趣味・不器用という人間でした。

ずっと家でゲーム三昧。ぼーっとして生きてました。人生の中で「生きててよかった!」と思えることなんてありません。つまらない人生でした。

しかし、とあるキッカケで独学未経験の状態から真剣にピアノに取り組むようになり、一気に人生が楽しくなりました。

自分のすきな曲を自由自在に弾き、自信が持てました。

性格も社交的になり、ブログやYouTubeをやってみるとネット上にたくさん友だちができました。

僕は独学でピアノを学んできましたが、

「独学でピアノなんて無理だろ」
「お前には才能があっただけだろ」

と言われることもあります。

ただ、僕には才能もなく、人前での演奏なんて絶対ムリ!!!!って感じでした。

そんな僕でも、毎日ピアノで好きな曲を弾いたり、演奏動画をYouTubeにアップしたり、バンドやソロライブに参加したり、生徒を持って個人レッスンなどもできるようになりました。

その経験から、ピアノは結局、慣れてしまったもの勝ちだと思います。

 

ピアノは何歳からでも、不器用でも、かならず弾けるようになる。

 

そう確信を持てたので、ピアノの情報発信をしています。

僕の発信を通じて、ピアノを始めようと思ってくれる人を増やす。そして、グングン上達して自分に自信を持ってくれる人を増やす。

それが僕の目的であり、使命です。

そんな僕の詳しいプロフィールは下記からチェックしてみてください。

0から独学でピアノを始め、ピアノ講師になったふくるーのプロフィール

 

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=