ピアノ初心者

コスパ最強の電子ピアノをおすすめ順に5つ紹介!【初心者に最適】

「電子ピアノ選び方」サムネ
  • 「どんな電子ピアノを買っていいのかわからない」
  • 「初心者に最適な、コスパの良い電子ピアノを知りたい」
  • 「電子ピアノが高いと感じて、なかなか買う決心がつかない」

こんな疑問・悩みにお答えします。

本記事の内容

 電子ピアノを選ぶときの3つの基準について

 初心者に最適な電子ピアノを5つ紹介(楽天・Amazonランキング)

 ピアノを始めるメリットについて

こんにちは。7日間ピアノレッスン講師のふくるーです。

僕は10年ほど独学でピアノをやってきましたが、試弾したピアノ・電子ピアノは100を超えています。

今回は、初心者の方におすすめしたいコスパ最強の電子ピアノを5つ紹介します。この記事を読めば、どんな電子ピアノを買えば良いのかすぐにわかります。5分ほどで読めます。

※動画ではより詳しく解説しています

コスパ最強の電子ピアノはどう選ぶ?

この章では、コスパ最強の電子ピアノの選び方を解説します。

どのピアノを買って良いか悩む方は、まずは予算から考えていきましょう!

・1万〜3万円・・・とにかく気軽に始めたい方、予算が足りない方
・3万円〜6万円・・・憧れの人がいる場合、やりたい曲がある方

気軽に始めたい方は、1〜3万円ほどの安いものでOKです。

安いだけに質もそれなりですが、気軽に始められることが最大のメリット。ひとまず安く買って、パッと始めて、楽しくなってきたら高いものを買ってみてください。

Amazonで電子ピアノを見てみる

 

逆に、
「こういう風になりたいな」
「どうしても上手になりたい!」

という方は、3万〜6万円台の電子ピアノを買いましょう。

でも、最初からこの金額を買うというのは、ちょっと悩ましいですよね。僕もそうでした。

次章から、あなたの判断の助けになればと思います。ここからは、主に3万〜6万円台を検討したい方向けに書いていきます。

電子ピアノを初心者が購入するときの3つの注意点

①電子ピアノの価格が安すぎないものにしよう

電子ピアノの価格は、1万円〜数十万円と幅が広いです。

価格による違いとしては、

  1. 音質
  2. タッチ感

があります。高いものほど本物のピアノに近く、音質や弾きやすさの満足度は高いです。満足度は練習モチベーションに直結するので、なるべく妥協したくないところ。

安いピアノでも練習はできるのですが、強弱による表現がしにくいのでおすすめしません。つまり、どの強さで弾いても同じような音量しか出ないということです。

これは、表現が命のピアノにとっては致命的。上達してくると、表現がつかないことを理由に必ず買い換えることになるでしょう。

よって、僕がおすすめする価格帯は、4万円〜6万円台です。それ以下でも構いませんが、このあたりを狙うと短期間での買い替えはしなくて済むと思います。

②鍵盤数はなるべく88鍵盤のものを買おう

ピアノの標準的な鍵盤数は、88鍵です。

これ以下の鍵盤数だと、「鍵盤が足りない」という問題が出てきます。

とくにクラッシックやポップスは低音から高音までまんべんなく使うので、その高さの音がないと非常にもどかしい思いをします。できれば、88鍵のピアノを買うようにしましょう。

ちなみに88鍵以下だと、61鍵・76鍵などがあります。

鍵盤数が少なくても良いケースとしては、

  • 音の高低差がある曲を弾かない
  • 楽譜通り弾けなくてもいい。適当なアレンジで対応する
  • 弾き語りメインで使う
  • 部屋が狭い
  • 頻繁に持ち運ぶから軽いほうがいい
  • とりあえず何でもいいから安く始めたい

などです。

こういった条件がある場合は、ご自身に合った鍵盤数を選ぶようにしてみてください。

③部屋に電子ピアノが置けるか確認する

最近のピアノは非常にコンパクトなのでそこまで心配はいりませんが、部屋のどこに置くのかは確認しておきましょう。

電子ピアノは2タイプあります

  • 据え置き型
  • キーボード型(ステージピアノ)

据え置き型はしっかりとした台やスピーカーがついているので、重いです。そのため、一度置く場所を決めたらなるべく動かさない前提です。

逆にキーボードタイプの場合は軽いので、机でもどこにでも置けます。下記のような専用スタンドを買うのもありです。

どちらのタイプが良いかは、お部屋の広さや移動頻度と相談すると良いと思います!

5つの電子ピアノを比較!おすすめ順に紹介します

それでは、僕が実際に試弾してきてこれはいいなと思ったピアノを5つ紹介します!

初心者の方であれば、下記から選べば後悔しないかと思います。ざっくり特徴を書きますが、詳しいスペックはリンク先でご確認ください。

YAMAHA(ヤマハ)P-125:タッチも音もおすすめ

 

価格   :★★★★★(5万円前後)
音    :★★★★★
タッチ  :★★★★☆
スピーカー:有り
特筆事項 :音がクリアで◎

これは圧倒的におすすめです。音も価格も申し分なし。特に音がクリアでカラっとした感じで、こもっていないのがGOOD。

タッチは若干柔らかいですけど、許容範囲です。スピーカーがしっかり付いているのも加点。

弾いていて時間を忘れてしまうようなピアノです。価格を抑えたいのであれば、これ一択でいいでしょう。

KORG(コルグ)LP-380:初心者には申し分ないレベル

価格   :★★★★☆(5万円前後)
音    :★★★★★
タッチ  :★★★★★
スピーカー:有り
特筆事項 :不動の最強コスパピアノ

こちらは僕も実際に持っているものですが、コスパ最強のピアノです。

スピーカーがしっかりしていて、音が良いです。かなり綺麗です。据え置き型ですがめちゃめちゃコンパクトに作られているのも特徴(1,355(W)x 351(D)x 936(H)mm〈キーカバーを開けた状態〉)。

表現もかなりつけられる方だと思います。初心者の方には申し分ないピアノでしょう。

ROLAND(ローランド) FP-10:タッチ感がクセになる

価格   :★★★★☆(5万円前後)
音    :★★★★☆
タッチ  :★★★★★
スピーカー:有り
特筆事項 :タッチ感が良い

タッチ感がすこし重めの電子ピアノです。

音は若干こもった印象。「KORG LP-380」や「YAMAHA P-125」の方が上だと感じました。この辺は好みですね。

タッチ感だけで言えば、YAMAHA P-125より良いです。若干独特ではありますが、弾きやすいです。
スピーカーが付いているのが良いですね。

KORG(コルグ) D1:品質重視な方へ

価格   :★★★★☆
音    :★★★★★
タッチ  :★★★★★
スピーカー:無し
特筆事項 :LP-380と似てる

上記で紹介した「KORG LP-380」のキーボードタイプ。音やタッチ感はほぼ同じです。

ただ、スピーカーが無い点に注意。ヘッドフォンを挿すか、別でスピーカーを用意しましょう。良いスピーカーがあれば、良い音が期待できそうです。

知り合いのプロピアニストも、たまに現場に持っていくことがあるようです。

CASIO(カシオ) Privia PX-S1000:最もコンパクトなピアノ

 

価格   :★★★☆☆
音    :★★★☆☆
タッチ  :★★★☆☆
スピーカー:有り
特筆事項 :世界最小の電子ピアノ

広告やCMでよく見かけるピアノ。部屋が狭くて、ちょっとでも小さい方が良いという人にはおすすめです。他のピアノより奥行きが10cmほど節約できます。

ただ、上記4つと比べるとそこまで魅力は感じませんでした。特にタッチに関してはやや頼りない感じ。楽器店や家電量販店ではかなり推し出されている商品なんですが。

他の電子ピアノでおすすめは?Amazon(アマゾン)や楽天のランキングを見てみよう

もし他も見たいということであれば、Amazonや楽天のランキングを参考にしてみましょう。とはいえ、チラ見程度で良いかと思います(笑)

もしここにあるピアノより価格を抑えたいということであれば、ぜひ覗いてみてください。とくに、Amazonのレビューを参考にすると良いと思いますよ。

中古の電子ピアノを購入してもいい?練習に支障はないか

結論から言うと、当たり外れがあるのでおすすめではないです。

初心者の方は電子ピアノの不具合に気が付かないケースも多いです。中古の電子ピアノに違和感を感じたとして、不良なのか、それとも仕様なのか判別もしにくいと思います。

違和感にモヤモヤしながら練習するのはできれば避けたいですよね。

また、技術はどんどん進歩していくものなんで、新しいピアノのほうがタッチ感や音質も良いです。なので、基本的に新しいものを買うのが良いと思います。

もしどうしても安く買いたいときは、

といった方法がおすすめです。

練習するために電子ピアノを有料レンタルするのはアリ?

ピアノの有料レンタルはおすすめしません。理由は、レンタルすると電子ピアノ本体が買えてしまう金額になってしまうからです笑。

基本的には自分の楽器を買うのがコストもかからないのでおすすめです。

電子ピアノって高い・・・買う決心がつかない方へ

僕も最初はそうでしたので、これは大いに分かりますね。実際買ったはいいものの、ちゃんと練習できるのだろうか・・・とか。

僕は高校生の頃に5万円の電子ピアノを買いました。さっき紹介した「KORG LP-380」です。

当時はかなり激務なレストランに勤めていたこともあり、5万円稼ぐのも一苦労でした。ただ、結論的には僕は買ってよかったなと思っています。

いまではYouTubeで弾いてみた動画をアップできるレベルに成長できました。とはいえ、まだまだですが。

まあ、何でもやってみないと分からないですけど、「とりあえずやってみる」みたいなものはアリかなと思います。間違いなくピアノは楽しいんで。これは断言できます。

もし挫折しそうで不安ということであれば、僕が配信している無料メルマガに登録してみてください。モチベアップの方法とか語ってます。

まとめ:まずはコンパクトサイズの電子ピアノがおすすめ

電子ピアノのおすすめを5つ紹介しました。

初心者用と書いたものの、中級者くらいの方でも割と満足できる電子ピアノたちです。数年間は買い換えることはないと思います。

大事なのは始めることと、モチベーションを続かせることです。ピアノは人生が豊かになる趣味なんで、ぜひ楽しんでください!

それでは、今日はこのあたりで。

Amazonで人気が高い電子ピアノ一覧

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

はじめまして、ふくるーと申します。

「7日間ピアノレッスン講師」という、初心者の方が7日後に弾けるようになるレッスンをしています。

僕はピアノを弾く前までは、不登校・無趣味・不器用という人間でした。

ずっと家でゲーム三昧。ぼーっとして生きてました。人生の中で「生きててよかった!」と思えることなんてありません。つまらない人生でした。

しかし、とあるキッカケで独学未経験の状態から真剣にピアノに取り組むようになり、一気に人生が楽しくなりました。

自分のすきな曲を自由自在に弾き、自信が持てました。

性格も社交的になり、ブログやYouTubeをやってみるとネット上にたくさん友だちができました。

僕は独学でピアノを学んできましたが、

「独学でピアノなんて無理だろ」
「お前には才能があっただけだろ」

と言われることもあります。

ただ、僕には才能もなく、人前での演奏なんて絶対ムリ!!!!って感じでした。

そんな僕でも、毎日ピアノで好きな曲を弾いたり、演奏動画をYouTubeにアップしたり、バンドやソロライブに参加したり、生徒を持って個人レッスンなどもできるようになりました。

その経験から、ピアノは結局、慣れてしまったもの勝ちだと思います。

 

ピアノは何歳からでも、不器用でも、かならず弾けるようになる。

 

そう確信を持てたので、ピアノの情報発信をしています。

僕の発信を通じて、ピアノを始めようと思ってくれる人を増やす。そして、グングン上達して自分に自信を持ってくれる人を増やす。

それが僕の目的であり、使命です。

そんな僕の詳しいプロフィールは下記からチェックしてみてください。

0から独学でピアノを始め、ピアノ講師になったふくるーのプロフィール

 

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=